相方mausくん↑と綴るゴン太の日記。


by gonta-maus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

熱闘甲子園!~栄冠は君に輝く~

甲子園決勝戦の時間帯はオフィスにいたため、今「熱闘甲子園」
(朝日放送・テレビ朝日)で、ようやく試合をほんの少しだけ見ることができた。

ニュースは勝者をメインに取り上げることが多いが、この「熱闘甲子園」は
敗者(ここに”勝負上の”、という言葉をあえて付け加えておきたい)
にもスポットライトを当て、ニュースや試合観戦ではわからない裏話(それは
時に、いや必ずドラマとなる)や人の想いを一部であろうが垣間見ることができる。
私は高校の時から毎年この「熱闘甲子園」を大会中はほぼ日課のように見ている。

一日放送期間が延びた今日の「熱闘甲子園」。
優勝した早実の斉藤投手は涙を流していた。
最後のバッターとなった駒大苫・田中投手は少し笑顔を見せていた。
その姿にぐっときた。
主役はもちろん彼らだけではない。
甲子園は全員野球だ。
どの選手もよく闘った。監督も応援団も親も地元もよく闘った。
勝ち負けは必要だが、それを超えるものが甲子園にはある。

人が一生懸命頑張る姿は無条件に美しい。
この言葉がキレイごとではないことをその身を持って実感している人は
この夏も少なくなかったのではないかと思う。

♪♪

風をうち 大地を蹴りて 
悔ゆるなき 白熱の 力ぞ技ぞ
若人よ いざ 一球に 一打にかけて
青春の 賛歌をつづれ 
ああ栄冠は君に輝く
[PR]
by gonta-maus | 2006-08-22 00:15 | ゴン太の時事レポ