相方mausくん↑と綴るゴン太の日記。


by gonta-maus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Force Majeure

旅行に行っている間に新潟の地震を知りました。
ベルリンの新聞にもこのニュースが取り上げられており、その大きさを
実感しましたが、日本に帰ってきても尚その様子がトップニュースで
流れているのを見て、居た堪れない気持ちです。

この地震により私が会社に入社してから二度目の「Force Majeure」
宣言が出されました。日本語にすると「不可抗力」宣言。
これは地震や台風などの自然災害のような人間の力ではどうしようも
できない、予防しても損害を防ぎきれないこと・事態を指します。
このような天災があった時はには速やかにお客さんに連絡をし、
(=宣言を出す)納期遅延のクレーム対象から外してもらいます。
今回はメーカーが製作を委託している工場などが新潟にもあり、この地震
により作業ストップ、納期が遅れざるを得ない事態となってしまったのです。

この条項は契約書に必ず入れておきますが滅多に使うことは
ありません。したがい、この宣言が出されたということはよっぽど大きい
損害があった、ということになります。

この「Force Majeure」宣言は2004年に広島に大きな台風が
直撃した時も出状されました。この時はほぼすべての顧客に宣言を
出し、その対応に多くの時間を費やしましたが、一番大変だったのは
もちろん現場で、広島の工場は海水で水浸しになり、書類は然ることながら
機械も出荷間近の商品も全壊しました。

人を飲み込む天と地の力にどう責め、抵抗することもできず、不安と
もどかしい気持ちでいっぱいですが1日でも早い復興をお祈りしています。
[PR]
# by gonta-maus | 2007-07-28 23:58 | ゴン太の時事レポ

夏宣言!

f0038665_21365577.jpg

ちょっと早めの夏休み。ヨーロッパに行き、昨日帰国しました。*^^*

雨模様の日本、、、の方が気温が低いのに、湿度が高いため
帰ってきてから汗ばっかりかいています。
夏のヨーロッパの空の高さと爽やかさを改めて実感します。

でも今日の帰り、セミの鳴き声を聞きました。
梅雨明け間近、日本の夏の情緒をしみじみ感じます。

また追って思い出日記書いていきたいと思います☆
[PR]
# by gonta-maus | 2007-07-23 20:51 | ゴン太のOL日記
ばたばたと忙しくて更新が滞ってしまいました。
気が向いて見にきてくれてた方申し訳ありません!
今日は為替のお話を少し綴っておきます。

***
輸出契約においてキーポイントとなるもののひとつに、通貨の問題があります。
まずモノの値段(見積書)を提示するとき使用する通貨は日本円です。
日本円にすることによって、為替リスクを回避することができます。
例えば日本円で1,000円と提示すればお客さんから入ってくる金額もいつで
あろうと1,000円ですが、もし100ドルでで契約したら・・・?お客さんから
お金を回収してその100ドルを銀行で日本円に換えるときにその日のレートが
¥120/$だったら12,000円、¥95/$円だったら9,500円になります。
もし12,000円でもらえるとして採算を見ていたとしたら、時期によっては
それが9,500円になってしまう。2,500円の赤字です。これが為替リスクです。
よってお客さんからドル、ユーロ建てなどの希望がない限りは日本円で
出すようにしています。

それでも世界のお客さんを見るとやはり金額の大きい案件になればなるほど
外貨建てで契約を結んでいるものが多いです。(お客さん側が為替リスクを
回避しているのです)
その時にリスクヘッジとして使用されるのが為替予約です。読んで字のごとく
為替レートを予約しておくことができます。
例えばいまこの7月に今のレート¥125/$を8月末まで予約しておいたとすると、
8月に入金した時その時のレートが¥120/$だとしても、予約していた
¥125/$を使って入金させることができるのです。
(もともと為替レートというものは先に行けばいくほど低くなるという見方があります。
高くなる、ということを考えないのです)
但し、この予約レートは必ず使用しなければいけないのでもし8月に¥130/$に
なってても、この予約してあった¥125/$を使用しなければなりません。
(為替予約は取り消すと取り消しチャージがかかるので、結局採算は同じです)

私の担当案件ではひとつの入金に対して為替予約が3本入っていることも
あります。例えば入金金額のトータルを100とすると、そのうち20は様子見で
7月に120円で予約、8月に125円になったのを見てあと30を予約、9月にさらに
よくなったので更に追加で30を予約。そして残りの20は予約しないでスポット
(入金したその日その時の実勢レート)で円貨換算。でも実際入金の時期になると
かえってそちらの方がレートがよくなって、予約しなくても良かったと思う時も
あります。もちろんその逆もあります。

また例えば7月入金として予約してあったものが、お客さんの支払い遅延などで
どうしても入金が間に合わず8月になりそうな時はこの為替予約を延長することが
できます。もちろんお金はかかりますが、、、

この為替予約、為替予約の延長作業は一分・一秒を争います。
その日の朝に125円で予約しようと思ったものは午後に124円になってることも
まれではありません。また私たちは一度システムインプットしたこの作業は決して
取り消すことはできず、ミステイクが何千万という赤字を生み出しかねません。
私にとって、いやおそらく私の会社のどの女性に聞いてもすべての仕事の中で
この為替予約が一番手に汗にぎるという方は少なくないと思います。

上記の話は決して仕事に限ったことではなく、個人だったら今流行の
外貨預金などはこのような為替リスクは把握しておかなければならないでしょう。

為替の話でついでに。
皆さんが海外旅行に行く時に日本円から外貨に換えると思いますが、その時に
公示されているのがTTS(Telegraphic Transfer Selling rate) レートと
TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)レートです。

TTBのBはBUYのB、つまり日本円で、例えばドルを買うときのレートです。
(その日のレート。つまり分刻みで動くレートです)。よって、旅行に行く時は
このTTBレートで換算された外貨を受け取ることになります。
一方TTSのSはSALEのS。Bの逆です。

ちなみにドル建ての場合はTTSとTTBには二円差があり、真ん中TTM(仲値)
から+1円、-1円となっていますが、これは銀行の手数料です。
但し銀行によってはこれよりも高く、安く手数料を設定しているところもあるようです。
成田空港に行ったら二箇所ぐらいに銀行がありますが、TTBの安い方を選ぶと
良いかもしれません。(前、成田で交換した時に若干違った気がします・・・)

為替は生き物なのです。そして為替レートの一円はスポーツ選手の一秒のような
もの(?)でとっても重要で全く見逃すことのできない数値です。
100ドルならあまり気にならないレート差でも、それが100万ドルとなったとき、
この一円の差が莫大なプロフィット、ロスの差をもたらします。
一銭を笑うものは一銭に泣く世界なのです。

(NOTE) 当記事は話の簡潔化のため、一番大括りな部分のお話、
       レートのみしか記載しておりません。
[PR]
# by gonta-maus | 2007-07-08 20:27 | ゴン太のOL日記

6月のリーマン!

もう夏の予感!むしむし暑い時期になってきましたね。
この時期は学生の時とは少し違う気分が味わえます。

まずボーナス!のウキウキ☆
そしてビアガーデン!のわいわい☆

私は全然飲めないのですが、(但しテンションは高い^^;)この季節
夜のそよ風に当たりながらテーブルを囲むのはとても心地が良いです。

昨日は品川・ウィング高輪の屋上にあるビアガーデンに行ってきました。
ここは3階(が屋上)で、特に赤ちょうちんもぶら下がっていませんが、
”いわゆる”ビアガーデンと違って、ぎゅうぎゅうに人が入っているわけでもなく、
誰かの一気飲みの声が聞こえるわけでもなく、お店の人がごはんを運んでくれて、
なんとなく品ある雰囲気が漂うビアガーデンでした。
3~4人の少人数で来ているグループが多かったです。

その”いわゆる”ビアガーデンで思いつくのが東京・大丸の屋上ですが、
ここはもう場所柄、サラリーマンたちの集まりが多い。
飲み放題・食べ放題(お料理の種類はいろいろ)のセルフサービスで
自分たちでせっせとごはんを運んでいた思い出があります。
二年ぐらい前に行きましたが、この時はサッカー観戦もしました。

銀座・数寄屋橋交差点にあるニュートーキョー本店(屋上)の
ビアガーデンはジンギスカン食べ放題!
油が飛んで白バックが~~~(ToT)という事件が女の子の間で
多数発生してました。

屋上ではなく、屋外(地上)では神宮球場近くのビアガーデンに行ったことが
あります。ここは焼肉でした。白イス、白テーブル、キャンペンガール!
広さとしてはやはりここが一番です。屋上の排気口と無縁な地上ガーデンは
まわりを木に囲まれているという安心感がありました。

さあ憂鬱なじめじめをここで発散して、夏にまっしぐらです!
(来月になればなったで”暑気払い”という名の飲み会がありますがーー;)
[PR]
# by gonta-maus | 2007-06-23 01:27 | ゴン太のOL日記

今日思ったこと

二年前に仕事を教えていた男の子。サウジで一年間の研修を終え、
完全帰国して今日から出社しました。
昨年仕事を教えていた男の子。今、メーカーに出向していますが、
今日は久しぶりに東京に戻ってきました。
今、仕事を教えている新人くん、新人さん。
まる一日がかり別のフロアで貿易実務研修を受け、戻ってきました。
「ゴン太さん、戻りました~^O^」
「おかえりーー>▽<」
それぞれが現地での様子やその日あったことを報告してくれました。
「すごいね!」「頑張ったね~」(母のような気持ち・・・)

勤続年数と共に増えていく後輩ちゃん。
・・・私も年をとったなあ・・・・・・
(と、思いながら、グチを聞いてもらいに先輩に忍び寄るゴン太でした)
[PR]
# by gonta-maus | 2007-06-18 22:19 | ゴン太のOL日記

サンキュー ガーリック

・・・っていうとなんか世界の名作のタイトルっぽいですが(それはないか^^;
でも「チップス先生さようなら」の横に「サンキュー ガーリック」って並んでそうな
感じ・・・がするのは私だけですよねえ・・・(;´▽`A``)
もとい、最近オリーブオイル&にんにくコンビが大活躍のゴン太の台所です。
にんにくってにおいが強いのでこれまであまり使ってこなかったのですが・・・

もとのきっかけはたまたまつけたテレビの番組で細木数子さんが紹介してた
たらこスパ。(テレビつけてお料理紹介してたらとりあえずチェック!な日々)
f0038665_22201022.jpg

オリーブオイル&にんにくに、刻んだパセリを炒め、パスタとたらこをあえる。
たらこがあるから塩こしょう一切なし、の上にパセリがたくさん食べられる
というおいしい一品。今までたらこスパってバターを使っていたので斬新でした。

このオリーブオイル&にんにくをベースにパスタに目覚め(?!)、
ウィンナー&玉ねぎ、ベーコン&キャベツなど冷蔵庫にあるものを使って
作ってみたりもしましたー。
f0038665_22195353.jpg


で、にんにくパワーすごい!と思って、そのつながりで作ったメニュー。
にんにくの芽と豚肉の炒め物。
f0038665_2210419.jpg

豚肉のしょうが焼きと同じような調味料たちを使ってみました。ごはんがすすむ
最強のおかず。塩こしょう&ラー油とか、ごま油などを使ってもおいしいらしい。
(by主婦やってる同期)

人の話を聞いたり、テレビで見たりしてお料理のアイディアを頂いていますが、
同じくらい参考にしてるのが最近これまたハマっているケンタロウさんの料理本。
今日はプレゼントで頂いた「ケンタロウのおいしいごはん 基本のABC」より・・・
納豆チャーハンをチョイス!イエイ!( v ̄▽ ̄)
f0038665_2293357.jpg

これもオリーブオイル&にんにくに、豚挽き肉を炒めて、酒・醤油、そのあと卵を
落とし、すぐご飯入れて納豆(流し洗い済)を投入!塩・こしょうで味付けして完了
です。ケンタロウ本によると、オリーブオイルではなくゴマ油であったり、具材に
レンコンなんかも加えてありますが、今日は用意できなかったので、ゴン太流で
更にシンプルにしてしまいました。。納豆を使った料理ってちょっと難しい感じが
してたけどこういうのだったらいける!

!!σ(゚ー゚@)☆ パセリパワー!:
パセリは実は栄養豊富な野菜です。ビタミンB1, ビタミンCなどのビタミン類、
カルシウム、鉄などのミネラルを多く含み、体の老化やガン予防に効果があります。

!!σ(゚ー゚@)☆ にんにくパワー!:
にんにくには、強壮作用、疲労回復、体力維持に有効で、新陳代謝、血液循環の
促進などに用いられます。カリウム、カルシウム、ビタミンB1、B2、ビタミンCなどが
多く含まれているところはパセリと似てるかも!

おいしいものが栄養たっぷりだとなんだか嬉しいですね*^^*
[PR]
# by gonta-maus | 2007-06-09 22:57 | ゴン太の食卓

モネの庭

f0038665_2223515.jpg

前回浜名湖ガーデンパークで出会えた花たちを先取り紹介しましたが
(前回の記事はこちら)このパークについてもう少し書き足して
おきたいと思います。

園内はとても広く、芝生がきれいな緑地広場があるかと思えば、噴水広場が
があったり、色とりどりの花が咲いていたりと、心癒される空間が広がっています。

その園内を見守るかのようにほぼ園内中心に大きくそびえ立つのは展望塔。
f0038665_21502026.jpg

50メートルある展望塔の最上階まで行くと眼下に広がるのは浜名湖です。
f0038665_21284755.jpg

浜名湖大橋も見えます。
f0038665_21283441.jpg

上の写真の左のほうに見える屋根はタイの庭園様式を再現したもの。
この公園は浜名湖花博の会場となったことは前回も書きましたが、この時
海外の国がそれぞれの国の伝統的な”庭園”を出展したようです。
ネパールや中国、韓国、タイ、イギリス・・・庭園を見ただけで意外とどの国か
わかってしまうのがすごいな~と思いました。
下の写真はドイツ庭園に咲いてた紫。いつもピンク、黄色系の花に目がいって
しまいますが、パープルの花も独特の不思議な雰囲気を持っているものです。
f0038665_2135624.jpg

園内を進むと一番奥にはモネが作った庭を再現した「モネの庭」があります。
f0038665_21452173.jpg

モネというと画家のイメージですが、実は庭師としても才能を発揮していたというの
です。(でも絵とガーデニングってやっぱり少し似てるかもしれません・・・
絵を描くように庭を花や緑でうめていくのってなんだかステキです。)
ではモネの庭で見られる花々を少しご紹介します。(前回の記事に載せた花も
モネの庭で撮ったものです)
f0038665_21454070.jpg

f0038665_21462610.jpg

f0038665_21464181.jpg

f0038665_2225660.jpg

今も昔も花の美しさは人々を魅了するのですね。
*デジカメを買い換えました。写りは如何でしょうか・・・(*^ー゚)b
[PR]
# by gonta-maus | 2007-06-01 22:05 | ゴン太が行く!
f0038665_051827.jpg

(2007年5月4日・恋路ヶ浜にて)

高校の時は笛吹川沿いを自転車通学、今は多摩川へ5分のところに
住んでおり、川や緑に近い生活を送るゴン太ですが、今まで潮風が届く街には
住んだことがないので、なんとなく海に憧れがあります。

上の写真は恋路ヶ浜。この辺りは大あさり(その名の通り本当に大きなあさり!
こぶしを握ったぐらいあります)が名物です。(せっかくの風景なのに、まず
食べ物の話^^;)
カップルが愛と幸せへの願いをこめてメッセージを書き、鍵(南京錠)を
かける「願いの叶う鍵」も有名です。
恋路ヶ浜、っていう名前がロマンチックですね☆

伊良湖岬灯台。やっぱり海には白い灯台。
f0038665_0154272.jpg


向こうに見えるのは日出の石門。太平洋の荒波の浸食で岩の真ん中に
洞穴が出来ており、門のようになっているのです。自然と時のパワー。
この海岸は砂浜がとってもきれいでした。潮の香りが嬉しかったです。
f0038665_021580.jpg

[PR]
# by gonta-maus | 2007-05-27 00:13 | ゴン太が行く!

憧れの彼

一目惚れという言葉があるが、この曲を初めて聴いたときはまさに一聴き惚れ(?)
に落ちてしまった。ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番。ベルリンで初めて聴いて、
日本に帰ってきてから数枚のCDを買っては聞き比べた。(その中にはラフマニノフ
自身が演奏したものもある) 朝の電車で3楽章を聴きながら感動のあまり
泣きそうになって出社することもしばしば。

そんなラフマニノフを佐渡さんの指揮で生で聴ける機会が訪れた。
ピアノは小山実稚恵さん。演奏会の席を取る時、舞台を見て左の上(バルコニー)、
ピアノの鍵盤が見えるところを選んだ。
演奏会前というものはとてもわくわくするものだが、そのようなわけでその日は
特にそれが強かった。

両手オクターブで同じメロディーをたたきながら、第一楽章から始まった。
今回は佐渡さんのあのパワフルな指揮を視界に入れつつもやはり視線はピアノに
釘付けだった。指が動く・・・ああ、あのフレーズはこうやって弾いているのか・・・
CDで想像していた指の動きや和音を確かめるように聴き入った。
当初、小山さんが弾いているのを見て、その難しさから正直自分の中で
この曲が遠のいていくのではないかと少し不安にも思っていたのだが、実際は
その反対だった。これまで神がかったものを感じていたが、目の前で人間が弾いて
いるのを見て、ああこの曲は弾けるんだと実感することができた。
自分にぐっと近づいてきた気がした。小山さんの指に合わせて自分の指も自然に
動いた。

小山さんは決して自分に酔うことはなく、鍵盤を見据えしっかりとピアノを
奏でているように思えた。鳥肌が立った。

CDを何枚か聴くと指揮者やピアニストによってテンポの違いがあるが、その日は
どちらかというと早めだった。このテンポであの最後が弾ききれるか。
私は特にこの曲の第3楽章、特に特に最後の数分、特に特に特にラスト20秒が
ものすごく好きで、それを聴くといつも心を打ち抜かれたような気分になる。
最後のクライマックスに向け、全身を使って音を出す小山さんと、躍動感あふれる
佐渡さんの指揮で曲が終わった時、一斉に拍手とブラボーが飛び出した。
私もその日ばかりはまさにその最後の和音がまだ残っている瞬間、一緒にブラボー
を叫びそうになった。

ラフマニノフで興奮し、もう今日は大満足!帰るか~!なんて気になっていたが、
ここは腰を落ち着け、後半はショスタコ。ショスタコはなぜかなんとなく難しい
感じがして、今まで聴かず嫌いのようなところがあり、実はその日初めて演奏会で
聴いた。でもエネルギーいっぱいで、実は好きかも♪とか思ったりして・・・

アンコールのドヴォルザークは私のお気に入りで、とても華やかで聴いてて
楽しかった。ドヴォちゃん良い曲書いてるね~なんて思いながら、緊張でにぎってた
手をようやく広げた。

***

東京フィルハーモニー交響楽団
佐渡裕 指揮
小山実稚恵 ピアノ
2007年4月21日 @所沢市民文化センター ミューズ アークホール

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ニ短調  作品30
--休憩--
ショスタコー―ヴィチ 交響曲第5番 ニ短調 作品47
--アンコール--
ドヴォルザーク スラブ舞曲第8番

***
[PR]
# by gonta-maus | 2007-05-20 20:34 | 愛(かな)しき音楽
f0038665_2047110.jpg

ゴン太は音楽が大好きです。歌うのも奏でるのも聴くのもno music no life.
今日の日記はその中の”奏でる”を記します。

訪れたのはわくわくが止まらない浜松市楽器博物館。
浜松はヤマハの本社もあり、楽器のイメージはなんとなくありましたが、
博物館もあるとは♪同じく楽器に興味深々の両親と迷わずGO!

楽器博物館は2階建て(1階と地下1階)となっており、基本的に
世界の国ごとに、その国が生み出した楽器が展示されていました。

1階はアジア。モンゴルの馬頭琴(スーホの白い馬!)、日本の三味線、
インドネシア・ジャワ島のガムラン、インド、韓国、イランなどなど各国の楽器が
所狭しと並べられ、それぞれにその音を試聴できたり、映像で現地での演奏の
様子を見ることができます。
アジア生まれの楽器は名前を知らないものがほとんどでしたが、音を聴いてみると
あっ 聞いたことあるある!(゚▽゚*)なんていうのが多かったです。

1階の奥にはピアノの特別展示室が。(冒頭写真)19世紀に作られていたピアノが
たくさん展示されていました。4歳からピアノに親しんできたゴン太は大興奮!
こんなピアノもあるんです。鍵盤が二段・・・!弾いてみたかったけど、そこには
「お手を触れないで下さい」・・・はい(´ρ`)・・・
f0038665_20515683.jpg

足踏みオルガンは弾いても良いとのことだったので、小学校の教室で
弾いてたのを思い出しながら音を鳴らしました。エレクトーンを習っていた母も一曲。
(ゴン太がピアノを始めたのは母がエレクトーンをやっていた影響だと思います)
f0038665_20525256.jpg

日本で最初に国産ピアノが作られた浜松。初期の国産ピアノ(アップライト)も
展示されていました。

また「体験ルーム」なるものもあり、コンガをたたいたり、ハンドベルを鳴らして
演奏してみたり、うちわであおいで風を使って音が鳴る楽器に触れてみたり
家族連れで来ていた子供たちと一緒に我を忘れて遊んでしまいました^^;

地下一階はヨーロッパを中心に、アフリカ、アメリカ、オセアニアの楽器が並びます。
アジアの「たたく」系と対照にこちらは「吹く」という感じでしょうか・・・
ファゴット、オーボエ、クラリネット。オケで吹いてた人たちの顔が浮かびます。
中学の時にブラスバンドでやっていたアルトサックス、大学から、今も苦戦中の
フルートもばっちりありました!縦笛も懐かしいです。
f0038665_20595599.jpg

ちなみに父はサックスとフルートを以前購入していますが、3日坊主でした(A゚∇゚)
今私が使っているフルートも父が買ったものです。
f0038665_21154100.jpg

楽器展示のお隣には鍵盤楽器ルーム。
ピアノ、チェンバロなどがずらーーーっと展示されていました。
そしてなんとそこにスピネット(小型チェンバロ)があり、弾いてもOK!
ずっとずっと弾いてみたかったチェンバロ。鍵盤の白黒が逆~~つ゚◇゚)つ
なところに改めて感動しながらバッハを数小節。
キーは少し堅めで、しっかし指を落とさないときちんと音が出ませんでした。
チェンバロ、、、欲しい☆(> <)☆ 
宝くじが当たったらチェンバロを買おう、うん、そうしよう・・・

次の楽器はマリンバ。幼稚園の音楽発表会のとき、クラスの代表で担当した
楽器です。♪コーヒールンバ♪(ピアニカもよく吹いてましたね。。。)
その後小学校ではバスマリンバもやりました。
f0038665_21111871.jpg

最後にちょっとおもしろいなと思った展示です。
これはステッキバイオリン。楽器の中には、音楽以外に使用する”何か”
(この場合ステッキ)と楽器(この場合バイオリン)が合体している例があるとのこと。
f0038665_21173354.jpg

展示の説明によると、ステッキフルート・ステッキギターなどもあるそう。
また楽譜や衣類が収納できるタンスピアノもあるそうです。(これは納得できる!)

このほか小学校の時よく吹いていたハーモニカなどの展示も。
幼稚園や小学校での楽器の思い出、みなさんもお持ちなのではないでしょうか。
ちょっと飛んでしまうけど、笛ラムネまだあるかな~(これも楽器!)

音が出ればもうそれは立派な楽器。音がそろえばハーモニー。
いつの時代もどこの地域でも人は音を楽しんできたのですね。
しみじみとそんな思いに重ね合わせ、自分史も辿ったひと時でした♪
[PR]
# by gonta-maus | 2007-05-11 21:57 | ゴン太が行く!