相方mausくん↑と綴るゴン太の日記。


by gonta-maus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アジアンビューティー

私のデスクの電話が鳴って、そこに”中継線”と表示されると、
それは海外店からの電話だとわかります。内線の海外版という感じでしょうか・・・
(表示されないところもたくさんありますが)

最近は中国向けの仕事を始めたので、だいたいこの”中継線”の先は
北京か上海の人が割合多いです。

今日初めに”中継線”が表示された時、やはり北京の人からでした。
彼女は先月来日し、初めて会ったのですがとても背が高くて、キレイな人で
日本語も上手・・・20代前半の北京BEAUTYでした。
「あの~ お客さんからお金入ってきました?もしまだなら督促するので
連絡してくださいね」
しっかりした口調で、お客さんをがっちりフォローしてくれる頼れる人です。
まだ一緒に仕事をし始めてから日が浅いので、明日からの仕事も協力して
仲良くなれたらなあと思います。

午後、また”中継線”が鳴ったので、また北京からかと受話器を上げると、
「もしもし~」の声が違う、、、あ、これは久しぶりのソウルからだ!
韓国の仕事は4年ほど携わっていたのですが、昨年の終わりから後輩に
引き継ぎ、私はそのアドバイザーになっていたので、久しく会話をしていなかった
のでした。でもすぐわかる彼女の声。
「○○さん(ゴン太の名)なんか声変わった?」
「変わらないですよ」
「あ、今○○さんの声になった。で、(←自分のペースですぐ話変える。しかも
人が話してるのに、聞かないでひたすら話し続ける・笑)△△(韓国のお客さん名)の
仕事、誰がやってるの?」
「その件もチーム編成があったので引き継いだんですよー」
「え、じゃあ○○さん今、何も仕事してないの?」
「・・・他の国の仕事してますから~~~~ゞ( ̄∇ ̄;)」
韓国=世界の彼女らしい発言です。私よりちょっと上の方ですが、
日本に留学してた経験もあり、「それって池袋の近く?」とか聞いてきます(笑)
でもすれ違いが多くてまだ実際にお会いできてないのですが、写真を
見せてもらうときりっとしたきれいな人です。でも口調や言葉はこんな調子なので、
一緒に仕事をしてる時はしょっちゅう翻弄させられましたが、今となっては戦友・・・
でも彼女の場合は一緒に戦ったというよりも彼女と戦ってた印象の方が強い( ̄u ̄;)
が、いざという時のあの迅速な対応ぶりはすごいです。

・・・というわけで用件はもちろん仕事の問い合わせだったのですが、電話を切って
数十分もしない間にまた”中継線”がなりました。「またソウル・・・?(-o-;」と
思って出たら、「もしもし」という優しいお母さんの声。台北だ~~~(´ー`* )
(一気に顔がほころぶ)この台北の方は以前もここに書いたことがありますが、(→こちら
子供を育てながらバリバリ働きつつも、おおらなか雰囲気がステキなお母さんです。
半年に一回ぐらい別の人に内線をかけるのを間違えた~~とたまに私のところに
かかってきます。先日、お会いできたのですが、話せばついつい世間話に。
「お子さんお元気ですか~?」
「元気だよー。6歳と4歳になったよ。かわいいですよ。
○○さん(ゴン太の名)は?良い報告待ってるから、早く教えてね」
・・・とよく、そしてごく自然にプライベートをつっつかれます(笑)

今日は偶然ですが、こうやって近くの国から久しぶりに声を聞けて嬉しかったです。
女性も頑張ってるな~と改めて思いました。しかも皆さん日本語がぺらぺら。
頭が下がります。。。

はっ!肝心な日本のビューティーが抜けていました(笑)私も彼女たちに
追いつけるように頑張らなくちゃー^^;
[PR]
# by gonta-maus | 2008-01-29 22:01 | ゴン太のOL日記

アメリカ人ともんじゃ

昨日はチーム(会社の)の恒例イベントのひとつである、もんじゃ祭り@月島へ。
大勢で行って、お店を貸しきって、もんじゃ、お好み焼き、野菜に海鮮、デザートも!
焼いては食べ、乾杯!そしてまた焼き始め・・・というのが延々続くという。。。

昨年はロンドン支店の方(イギリス人)がこの時期に日本出張だったので、
一緒に行きましたが、今年はヒューストンからのお客さん(超重要顧客)
がちょうど日本に来ていたので、お誘いしました。

もんじゃは初めてどころか(日本人でも関西の方で初めての人がいましたが・・・)
まずあのお座敷に慣れなかったらしく、すぐにお風呂の腰掛みたいな
ちっちゃいイスをお店の人に借りて座ってました^^;

お偉い方なので粗相があってはいけないとだいたいは上司が相手を
していましたが、まあそれでも宴会なんて、みんなじっとはしていない。
挨拶にきてくれたり、わかりやすい英語でスピーチをしてくれたり、
とても気さくで陽気な方でした。

日本のいわゆる”飲み会””宴会”というものをどういう風に見たんだろうかと
気になります。でもとても感動して、会社のことも絶賛してくれていたので
やっぱりアリなのかなあ・・・
最後の3・3・7拍子(しかも5段系!)にはちょっとびっくりしてたけど(笑)
[PR]
# by gonta-maus | 2008-01-23 21:13 | ゴン太のOL日記

オイルしょおおく!?

石油の値上がりについて日々ニュースで話題になることが珍しくなくなりました。

車のガソリンはもちろんですが、せっかく安い飛行機のチケットを
見つけても燃料費が加算されることや、時々寄る駅のパン屋さんや、
お気に入りのカフェが値上がりしているのを見ると、その影響が
自分のすぐそばにも確実に浸透しているのを実感します。

そして今年に入って2日の日、ついに石油が1バレル100ドルに到達しました。

私の仕事はその石油を精製するプラントでまさに今、皆が欲する石油を
作るために120%稼動させられている機械を輸出する仕事です。
仕事の点から見れば売り手市場ですが、まわりまわって、個人の財布には
厳しい現実(ToT)

近年、中東・東南アジアを中心に大きく展開されていた石油ビジネスですが、
今の主役はインド、ロシア、中国です。
中国の市場拡大は数年前からもその勢いを仕事上で実感していましたが、
今はそれにも増して良かれ悪しかれいろいろなものに影響を及ぼしています。

中国はまた、石油では間に合わない部分を、自国で元々得意とする石炭を使って、
それを石油に代わるエネルギーとして使用しようと試みています。
(米国では穀物をエネルギーに代えようとするため、とうもろこしの値段が
逆にあがっていると言われています。)
ロシアはサハリンの石油・天然ガスの開発事業をはじめ原油国としての
国力をまた強めつつあります。

世界各国が”石油”という同じ流れにのって翻弄し、翻弄される中、
日本はこれからどのような位置づけになってくるのでしょうか。
個人としても”省エネ”に素通りできる状況でなくなってきていることは確かです。
[PR]
# by gonta-maus | 2008-01-15 22:47 | ゴン太の時事レポ
新年あけましておめでとうございます!

ゴン太は明日から仕事始めです♪
1月4日にお休みを頂いたので会社に行くのも約1週間ぶりです。
クリスマス休暇あけの欧米、ラマダンあけの中東、旧正月前のアジア
お正月休み明けの日本。世界中がエネルギーを蓄えてフル活動の1月です。
月並みかもしれませんが、世界の平和を強く願っています。

皆様にとって健康で幸せな素晴らしい一年になりますように*^^*
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by gonta-maus | 2008-01-06 22:07 | ゴン太のOL日記
上海での街歩きを堪能しながらも、観光スポットもバッチリ押さえてきました。

まず、上海博物館。青銅、印鑑、彫刻、書道、服飾品など、12万点のコレクションが
詰まっている宝箱です。
f0038665_2315738.jpg

友人が用事を済ませる間、ちょっと見るつもりで入ったのですが、中は広く、きれいで、
それぞれテーマごとに部屋が分かれており、中身ももちろん充実。
見ごたえはあるけど、でも部屋ごとに照明や展示の仕方が工夫されており、
全く飽きることはありませんでした。(意外に写真撮影も可^^v)
f0038665_2321168.jpg


さてこちらは9つの角がある九曲橋。手前に小龍包を食べてる人がいますが、
この建物一体が先日紹介した小龍包の名店なのです。
f0038665_2373549.jpg

ここを渡ると”豫園”という庭園があります。上海の観光客が一度は訪れる
観光スポット中の観光スポットです。どんなに街が大都会になっても
ここだけはひっそり1559年(以降、修復経る)のまま時が止まっているようです。
f0038665_2384467.jpg

f0038665_2385372.jpg

この”豫園”と周辺こそまさにオリジナル中国。昔ながらのおみやげ屋さん、屋台、
地元の人、観光客、すべてが集まり、活気あふれます。
f0038665_23141219.jpg


夜はやっぱり上海雑技団!ハラハラドキドキ!テンションあがります。
f0038665_23152254.jpg

特に最後のバイク技(下記の人たちが活躍!)では会場が固唾を呑んで
その様子を見守り、そして盛り上がる!最後にたくさんの拍手が送られました。
f0038665_23154857.jpg


この他、生まれて初めての全身オイルマッサージなども満喫♪
高層マンションの友人の家(ヒルズ族みたい!)にも遊びに行かせてもらいました。

北京とはまた違う中国の代表的な街、とってもおもしろかったです。
豪華もチープも、新しいも古いも、全てをたっぷり楽しめた週末でした。
(もちろんこれができたことは全て友人あってのことです。本当に感謝しています)

帰りの飛行機は3時間もかかりません。ちょっとそこまで・・・次の週末に上海へ♪

(おわり)

☆---今年もお世話になりました。皆様よいお年をお迎えください---☆
[PR]
# by gonta-maus | 2007-12-28 23:25 | ゴン太が行く!
---ようやく忘年会ラッシュが落ち着いてきました。明日仕事納めです。---

ゴン太は新しいもの好きですが、旅の場面ではどちらかというと古いものの方が
気になります。何十年、何百年も前からその場所(その時は”場所”でさえなかった
かもしれないけど)はそこに存在し、その上に道や建物が造られ、その層の
集まりが歴史そのものです。
前回紹介したように、目新しい近代的ビルが立ち並ぶ上海ですが、それを
基盤に生活する人の方が実際は少なくて、昔ながらの建物とそこで
逞しく生きる人々の生活が私には印象的でした。そこにはまるで新参者を
窮屈に思うような空気さえ感じえました。
下の写真は私にとって上海での印象的な風景です。
少し見にくいかもしれませんが、手前には古い家々が軒を連ねています。
そして、電信柱。それらと対照的な後ろのビル群。
集落の目の前を走る通りにはバスや車や自転車の渋滞。
上海の縮図を見ているようで心に残りました。
f0038665_22495097.jpg


前回のネオ上海では黄浦江を渡りましたが、その河の手前にはこのように
租界時代の重厚な建物が並んでいます。(夜はライトアップされるので
前回の夜景にも映っています)
手前からサッスーンハウス(上海不動産王の本拠)、パレスホテル(ヴィクトリア・
ルネッサンス様式。上海で最初にエレベーターを備えた)、中国工商銀行、
奥が上海市対外貿易総公司(アヘン貿易から幅広い事業展開を行った
というイギリス商社の上海支店)。
f0038665_2310755.jpg

この通りには「上海海関」という建物もあり、そこでは外国船の徴税事務を行った
のだとか。仕事柄ついつい気になる場所、このあたりではここに一番興奮
してしまいました^^;
f0038665_23231183.jpg


ここからはオールド、というよりは現地での生活が体感できそうな”庶民”の上海です。

週末の買い物客であふれるショッピングモール、、というより市場。
建物の中には多くの店がぎゅうぎゅうに並びます。前回のショッピングモールの
とはそこに流れる音も空気も全く異なります。
f0038665_2345055.jpg

お金を出しておいしいものを食べるのもいいけど、庶民の味にもかえりたい。
友人が連れて行ってくれたこの界隈はそのようなある意味”いつもの”お店が
たくさんあり、たこやき(日本のと若干違います)や焼き小龍包、SWEETS(また!)
ついつい手が出てしまいます。ここは観光客だけでなく、地元の若者にとっても
”いつも”の場所であるようです。こういうところにくると、上海の生活に
少し触れられたような気がします。生きている、という人々の熱気が伝わります。
f0038665_2258395.jpg

f0038665_22581454.jpg


近未来上海の主役は絢爛豪華なビル群ではなく、ここに生きる人々です。
[PR]
# by gonta-maus | 2007-12-27 23:25 | ゴン太が行く!
f0038665_2319217.jpg

(東方明珠広播電視塔)

上海は古い建物と新しい建物が混在する街ですが、街を歩くと
黄浦江を挟んで”古い”と”新しい”が比較的分かれていることに気付きます。
まずは新しい上海から。

これぞ上海の絵。
河を渡った向こうにその高さを競うように新しい建物がどんどん建っています。
f0038665_23164444.jpg

f0038665_23172753.jpg

河を渡って近未来型上海に近づいてみましょう。
海底トンネルのように河の下を電車のような、モノレールのようなもので移動します。
これが一瞬ディズニーみたいで楽しい!一番前を陣取ってネオワールドへGO!
電車の外にどんな景色(?)が見えたかは乗った人のお楽しみ。
f0038665_2317486.jpg

河を渡るとショッピングモールへ。ここでしばらく買い物、そしてSWEETSに
頬を緩ませ、上海の街が夜の装いに着替えるのを待ちます。
f0038665_23333061.jpg

街の建物がキレイにライトアップされた頃、友人が連れて行ってくれたのは
テレビ塔よりも高いビル、金茂大厦。なんと88階建です。
夜の闇に突き刺さるスカイスクレイパー。
f0038665_23191420.jpg

世界第4位を誇る最上階から眺めは息をのむ絶景。
f0038665_23194239.jpg

このビルの53階からはホテルがあります。なんとそこから最上階の展望台
までは吹き抜け。ということは88階から53階まで下を覗けちゃうというわけです。
私は高いところが大好きなのですが、さすがにその巨大マンホールを覗いた
時は心臓がひゅーんとなりました。。。写真は撮ったのですが、怖いもの見たさの
究極をくすぐるその衝撃の景色は・・・実際に行って体験してください^^

このビルはガイドブックには載っておらず、友人のおススメで連れて行って
もらいました。本当にステキなところでした☆(謝謝!^^)
ちなみに隣に建設中のビルがありました。なんと森ビルが101階建の
ビルを建てているのだとか。人類はどこまで天に近づくか。。。

上海、まだまだ進化中です。
[PR]
# by gonta-maus | 2007-12-26 23:54 | ゴン太が行く!
2007年の今年、初めて足を踏み入れた都市が三つあります。
2月の北京、7月のタリン(タリンの旅行記もこの後アップします・・・
あ、ベルリン街歩きもまだ途中でした。。。^^;)、そして締めくくりは、12月の上海。
というわけで早いものでもう二週間前の出来事となってしまいましたが、
上海で働く友人を訪ね、、、押しかけてきましたので、これから年末までに
上海旅行記を書いていきたいと思います。

12月7日、金曜の午前中まで仕事をして、午後から休暇。
夜便で上海に着いたのは20:30。空港まで出迎えに駆けつけて
くれた友人と無事に会え、そこから土、日の週末上海旅行が始まります。
月曜の朝には帰ってきて、火曜から出社したので、会社のみんなに
「また~~ さくっと行って来たね」と笑われました^^;

いつもは日ごとに綴っていますが、今回はテーマ別に上海を
振り返りたいと思います。
そして記念すべき一回目にいきなり食べ物編を持ってくる私・・・(--;)
でも食は私の旅を語るににかかせない大事な要素なのです。

というわけで着いた翌日からおなかはフル活動!
まずはやっぱり小龍包。日本で、ティンタイフォンに行くと、いつもあの籠を
積み上げて、苦しくなるまで小龍包を食べたいと願ってきた、そのときが
ついに訪れました!
友人が連れて行ってくれたのは、ガイドブック常連の有名なお店。
f0038665_22385561.jpg

ここは地元の人にも人気のようで、常に行列ができているのだとか。
もちろん日本人もたくさんいました。
厨房もてんてこ舞いです。
f0038665_22391554.jpg

そしてキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
アツアツの肉汁が口いっぱいに広がります。。。と言えるのは後半で、
最初は食べるのに慣れず、肉汁をセーターにこぼしました( ̄▽ ̄;)!!ガーン
中身のお肉がしっかりしていて食べ応えがあったので、
12個でおなかいっぱいになってしまいました・・・(12個食べれば十分かしら)
そしてもう一品手前にあるのが、これまたさすが本場。
小龍包より少し大きめなのですが、真ん中にストローがささっています。
f0038665_2240556.jpg

これは中に蟹からとったスープが入っていて、それを吸って飲むのです。
なんと贅沢な!(*/∇\*)でもヤケドに注意。もちろん外側も食べられます。
上記は蒸しているいわゆる通常の小龍包ですが、滞在中に、友人は焼小龍包
にも連れて行ってくれました。これはこれで外の皮はパリパリ、中はジューシー、
蒸しとは違うおいしさに卒倒しそうになりました。それでも一個20円くらいかな。

さてさて、上海と言えば・・・この時期と言えば・・・もちろん上海蟹!!!
北京ダックに続き、憧れの上海蟹でございます。
友人が連れて行ってくれたのは蟹料理専門店。
蟹(そのもの)の前に、蟹づくし。蟹のスープに、蟹焼き(甲羅に蟹と混ぜ物)、
蟹のあんかけチャーハン・・・至福の時です。
f0038665_22393833.jpg

そしてついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!パート2!!
蟹です。行く前に課長からメスが卵を持ってておいしいからメスを食べると
良いと教えてもらっていたのですが、お店の人によると、おススメはオス。
この時期はオスのミソがおいしいのだとか。
というわけで一杯約3000円のオスを注文し、お店の人にさばいてもらいました。
f0038665_22395093.jpg

(*゜▽゜)b☆・゜今見てもテンションあがる・・・蟹の濃厚なミソが今までに
味わったことのない世界に連れて行ってくれます~~~~ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ
ノックアウトされました。本当に最高です。
蟹のためにまた上海に行きたいと思っています。
f0038665_2240338.jpg


そして、蟹や小龍包の間に3回も足を運んだのが、甘いもの。
上海には香港からSWEETSのお店が入ってきてて、日本人の私たちから
すれば、ありえない値段でSWEETSが堪能できます。
香港SWEETSは本場香港でも旅行中に通っていましたが、そのおいしさに
上海でも通うことになるとは・・・
f0038665_2363269.jpg

タピオカとグレープフルーツのスープ(上記)とか、ココナッツミルクに浸された
マンゴープリン、くるみとゴマのスープも飲みました。
全て約200~300円というから驚き。

食べ物編のおまけで、こんなものも。会社の人に買ってきたおみやげです。
(うちのチーム、人数多いからおみやげはいつも大変です)
日本でもお馴染みのおかしが中国のショッピングセンターでも並んでいました。
f0038665_23123112.jpg


上海はおなかだけを満たしてくれるところではありません。
食べるだけでなく、一応観光してきましたので^^;次回は見る上海をお伝えします☆
[PR]
# by gonta-maus | 2007-12-23 23:21 | ゴン太が行く!

土がついた里芋

ほんとに”師走”です。”師”ではないけど、ばたばたです。
書きたいことはいろいろあるのですが、箸休め的に・・・
(休むほど・・というかまだ何も書いてないですが^^;)

先日、里芋と人参をおすそ分けして頂いたので、煮物を作ってみました。
材料を買い足さなかったので、牛肉を加えてシンプルに。
じゃがいもとは違う里芋のうま味がしみる、ほくほく*^^*煮物です。
f0038665_2318178.jpg

[PR]
# by gonta-maus | 2007-12-17 23:25 | ゴン太の食卓

外貨購入!

最近、一時期に比べて円高が進んでいます。(今週後半はわずかながらも
後退してきたかな・・・)夏にベルリンに行った時は1ユーロ¥168~¥170
だったのに昨日レートチェックした時はTTBレート¥159.45でした。
ドルに至っては¥110切っています。
夏はこのまま上がり続けて1ユーロ¥200になっちゃったり!なんて思いましたが
ある程度まで行くと・・そして世界情勢の移り変わりに伴いレートは
ここまで変動するものですね。
お金の価値って流動的なんだなあと感じます。

仕事柄、毎日ある一定の時間ごとに為替レートを確認するので、
プライベートに職業病が・・・^^;
来週、個人的に外貨を使うので、最近の円高の流れを見計らって、
先週から待って、待って、そして一昨日のタイミングで両替をしました。
だいぶ円高になりました。
もしかしたら来週替えたほうがもっとレートは下がるかも・・・?
でもここまで下がったらそろそろ上がり始める・・・?
その判断が仕事でもプライベートでも一番悩ましいところです。
(ゴン太の為替講座

学生の頃はこんな為替のことは全く考えず(わからず)、直前の成田空港で
替えることに一生懸命でした。
でもどんどん円の価値が下がっている昨今、たとえ一円でもこの差損
有り無しでは、数万単位で両替すると結構違ってきます。
ここで浮いたお金で旅先でのおいしいごちそうをもう一品追加オーダー
しちゃうのが私の楽しみです☆
[PR]
# by gonta-maus | 2007-11-29 22:55 | ゴン太の時事レポ