相方mausくん↑と綴るゴン太の日記。


by gonta-maus
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

昨夜、Aさんから聞いた本を買って読んでいたら、Aさんからメールが届いた。
感想を伝えたいなと思っていたところだった。

今日のお昼、同僚のBさんはもうランチ食べているかなと思ってBさんにメールを
書いた。文の途中で、Bさんから電話がきた。

今日で退職するカタールのCさん。電話しようと思って向こうは何時だろうと
時計を見た時、ベルが鳴った。Cさんからだった。

かれこれ二週間ぐらい連絡とってないDさん。そろそろメールして
みようかなと思いつつも、飲み会に入ってしまった。
飲み会が終わって携帯を見るとDさんからメールが届いていた。

家に帰るといつもは広告か請求書に占拠されている
ポストの中に、一通の手紙が入っていた。
なかなか会えないけど、先週末にふと思い出したEさんからだった。

どの出来事もとても嬉しかった。
明日はFさんにメールしてみようかな・・・

自分が思い出している時、相手はそうではない時もある。
相手が思い出している時、自分はそうではない時もある。
でもある日、ある時ふとそれが一緒になる時もある。
ぽーんって心が鳴る気がする。

明日、何か出来事があって誰かをふと思い出すかもしれない。
明日、ある音楽を聞いて誰かを考えるかもしれない。
明日、誰かに会ってまた別の誰かに連絡するかもしれない。
明日、心にわきあがったことを誰かに伝えるかもしれない。
そしてまわりまわってぽーんが鳴るかもしれない。

ぽーんが鳴ったり鳴らなかったり、そのどちらもが
人をつないでいるのだろう。
この日 この時 この瞬間に。
[PR]
by gonta-maus | 2006-04-28 00:29 | ゴン太のOL日記
f0038665_23344455.jpg
このお菓子に懐かしさを感じる人も少なくないでしょう。。。
大人になって再会した”たべっ子どうぶつ”は北海道産バター
とカナディアンメープルの絶妙なコラボ!で進化(?)を遂げていました。
会社でちょっと盛り上がった今日の3時でした。~ほっと一息~
[PR]
by gonta-maus | 2006-04-24 23:44 | ゴン太の食卓
f0038665_20312218.jpg


♪   縦の糸はあなた
    横の糸は私
    逢うべき糸に
    出会えることを人は仕合わせと呼びます  

今日は快晴の中、同期の結婚式でした。
結婚式は愛を誓うこと、そして両親に感謝すること。
ほんとにおめでとう!!お幸せに(*≧∇≦)/

f0038665_23534191.jpg
メモ:いただいたお花をアレンジしてみました。マウスくんにプレゼント☆
それにしてもお花楽しい(^-^)** 次のお稽古はフラワーアレンジメント?!
[PR]
by gonta-maus | 2006-04-22 23:58 | ゴン太のOL日記
”あい らぶ のーな!”、起・承・転・・・まで綴ってきたが、私にとってノーナに
“結”はない。“転“の次も”転“。これからもノーナと共に音楽は続く。

***

♪新しい魂を空に掲げて 失ってきたものすべてに 祈りを捧げ
 歩き出し またひとつ 心の鐘を鳴らすために 僕らは生きている
 そんな気がするよ いま (“New soul”)

自分が願い、欲しがる全てが手に入らない時もある。
でも失ったものを思い出すときや躓いたとき、前を向ける自分でいたい。
そして新しい何かを見つけた時、それに向かって頑張れる自分でいたい。
そうしたらまた自分の糧になり、心打つものに出会える気がする。
きっと人生はそうやって転がってつながってるんだって思う。

(NexT ノーナin my Lifeで4月16日のライブのことを書きたいと思っています)
[PR]
by gonta-maus | 2006-04-20 22:40 | ノーナ in my Life
Music for you…from NNR…  
ノーナ・リーヴス 最新アルバム“3X3(サンカケルサン)”をBGMに。

ノーナがライブをするという情報を得る度に、その楽しさを追い求めてライブハウスに
足を運んだ。(社会人になってから一度、突然の出張で行けなくなった時は、自分は
“リーマン”になったもんだと思いましたね、、、)
でもいつも追いかけているノーナ。大学も卒業してしまったし、凱旋ライブのように
ノーナの方から寄ってきてくれることなんてもうないのかな、なんて思っていたら、、、
なんと職場にきてくれた!
3年前の8月。三菱自動車プレゼンツのHeart Beat Liveで、ノーナが
品川の三菱自動車本社のショールーム(ガラス張りで展示用に車が置いて
あります。普段は一般の人も入ることができ、ウォーターバーなるものもあります)
でライブをするのだという。私の職場はその展示場があるビルの高層階部分。
願ってもみなかった二度目のノーナを“迎える”ライブ。(しかもその時は無料)
しかし私の中でまたしても大学の凱旋ライブと同じ時の疑問が浮かぶ。
あの空間にライブできる場所なんてあっただろうか。。。

そんな心配、もちろん無用だった。
本番の日、仕事を終え、エレベーターを下がればそこがもう会場。
ショールームの特徴柄、常に明るい電気が煌々とついており、ライブハウスや
学校の教室のように照明が駆使されることはなかったけど、普段はクールで
かっこいい空間を演出している新車を脇役に、ノーナはいつもと変わらず、
楽しくてわくわくしてきらきらした時間をくれた。ショールームの一区画だけ熱気に
満ちた空間があった。でもそこにはライブハウスでは見たことのない小さくて
かわいいお客さん(近所に住んでいるんでしょうね)がお母さんに抱っこされて
物珍しそうにステージを見ている姿もあった。
プレゼンターに気を使ってか、車欲しさかMCの時に何回か「パジェロかっこいいな~
(欲しいなー)」って言ってたごーたくん、よく覚えてます。
(でもあれからパジェロの話聞かないから、やっぱりだめだったんだろうな)笑

ノーナのライブはいつも元気をもらえます。一緒に悩んでくれる時もあるし、
何を泣いてるの?頑張ろうよ!ってエネルギーをくれる時もある。
f0038665_23204373.jpg
翌日、社内にて。
「ノリノリだったね、昨日」( ̄ー ̄)ニヤリ
「・・・!!!」( ̄◇ ̄;)
ガラス越しに会社の人に見られていたらしい。。。

明日はごーた、こまぼー、おっけんと
4ヶ月ぶりのリズムナイト!
きっと明日も何回か言うでしょうね、、、
ノーナ最高!
♪世界の中心は今このダンスフロアだ!Love Alive……
[PR]
by gonta-maus | 2006-04-16 01:24 | ノーナ in my Life
f0038665_21333281.jpg


パソコンがようやく我が家に戻ってきました・・・復活!ヽ(*⌒∇^)ノ

パソコンに向かう時間を埋めたものは「ダヴィンチコード」でした。
久しぶりになかなか寝かせてもらえませんでした。
あっと驚くシーンの連続と、目からうろこの衝撃事実(真実、とは言い切れませ
んが)、怒涛の展開と、瞬く間もない時間の流れに本当にハマってしまいました。

「芸術作品、建築物、文書や秘密儀式に関する記述は全て事実に基づいている」
と同書冒頭で詠われていますが、(単行本では上・中・下巻のそれぞれの最初に
必ず掲げてあります)これこそが私の好奇心と興奮を掻き立てたひとつの
大きな要素でした。フィクションだけどノンフィクション。。。
しかし例えば芸術作品が確かに事実のものであるとはいえ、それを巡る見方や
考え方、真相に関しては、この本に書いてあることが全てではありません。

話題を呼んだこの小説はどこまでが真実で何が虚構か・・・私と同様、本を手に
眠れなかった人が書く解説書を何社もの出版社が競って出しています。
(私はこの本を読み終えた後、早速、解説本を2冊ほど買いました。)
解説書はあくまでも情報提示にすぎず、それをもとに自分はどう思うかは
個々の自由に委ねられていますが、こういう歴史探検は非常に興味を
そそられるものがあります。

ただ最近、翻訳作業のために宗教、特にキリスト教を勉強していた私にとって、
このダヴィンチコードの話が複雑な気持ちにも捕らえられたことは否めません。
(そういう意味でライフログに同書は載せていません・・・)
この本に対する批判の声や本、新たな見解もたくさん出ています。

この本を読んでどう思うかは人それぞれです。たくさんの見方があって良いと
思います。歴史はひとつでもあるけど、ひとつではないこともあるのでしょう。
でも娯楽として、小説として、この本が私を魅了したことは真実です。

追伸:
冒頭の写真、一見ロンドンの普通の風景ですが、この本を読んだ人は
おわかりになるでしょう、、、そう隠れているのはあの場所です。( ^ー゜)
[PR]
by gonta-maus | 2006-04-09 21:37 | ゴン太の本棚
新年が始まり、ドイツ語を頑張ろうと思っていましたが、ここ最近は締め切り迫る
翻訳作業を言い訳にドイツ語の勉強を怠ってしまっていた。
でも4月、新学年が始まるこの月に勉強を再開する二度目のチャンスが
訪れました。NHKの教育番組「ドイツ語会話」が始まったのです。
今週の水曜日はちょうど第1回でした。これを機にどんなに忙しくてもせめて
毎週水曜日の夜11:30はテレビの前に座ろうと決めました。

そんな私をよりあと押ししたことは去年私が”ながら”見していた同じ曜日・時間帯の
ドイツ語講座と違って、今回は対象者がまっさらな「ドイツ語初心者」そしてより
「会話中心」の日常ドイツ語になったことです。
この背景はもちろん今年6月にドイツで開催されるワールドカップ。
この番組も3ヶ月タームで、「ワールドカップに向けて(ドイツに行く人が困らない
英会話)」を全体のテーマに掲げているようです。

おもしろかったのは、簡単な挨拶を勉強した後、ちょー初心者の私(視聴者)に
向けられた第1回講義・最初に覚えるドイツ語の一言。
「トイレはどこですか」
なるほど~~~。これは重要!会社でも同僚から「アルコバール(サウジ)支店
の担当者が教えてくれた最初のアラビア語が”トイレ”だった」って話も聞いてたし、
生理的現象に国境はないのですね・・・?!

また旅行者のためのミニ情報として、このトイレ関連で、女性だったら”D” 、
男性だったら”H”の表示のある方に行けば間違いないなんて話も
(もちろん単語も覚えながら)現地の駅の映像と共に紹介されました。

そしてクライマックスは(?)今やらないで、いつやれる感全開(笑)の
サッカーコーナー。サッカー用語や開催都市の紹介があり、終始興味を持って
見ることができました。

最後はドイツ語の歌コーナーで、選曲はなぜか「ジンギスカン」♪(^^;)
今月はこの歌を覚えるようです。
もともと歌大好きな私。今月末にはドイツ語があまりわからなくてもジンギスカンは
妙に上手く歌えるようになってるかも(笑)
[PR]
by gonta-maus | 2006-04-07 14:14 | ゴン太の時事レポ