相方mausくん↑と綴るゴン太の日記。


by gonta-maus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ゴン太の時事レポ( 19 )

99 ¥・∀・¥

久しぶりにブログを書ける時間ですv('∇'*)

今日、為替レートはついに1ドル100円を切りました。会社で、レート表示が
二桁になった時、おおおw(゜o゜)w という声。数分後には100円に戻っていたので、
写真撮っておけばよかった~(-ω-)(マニアックな写真だけど)笑
夏にドイツに行った時は1ユーロ170円だったというのに、、、今は160円切っています。
ポンドも200円~210円。ちょっと大学時代に戻った感が嬉しいです。
あゝ為替レートにも思い出( ̄ー ̄)
[PR]
by gonta-maus | 2008-03-13 21:30 | ゴン太の時事レポ

オイルしょおおく!?

石油の値上がりについて日々ニュースで話題になることが珍しくなくなりました。

車のガソリンはもちろんですが、せっかく安い飛行機のチケットを
見つけても燃料費が加算されることや、時々寄る駅のパン屋さんや、
お気に入りのカフェが値上がりしているのを見ると、その影響が
自分のすぐそばにも確実に浸透しているのを実感します。

そして今年に入って2日の日、ついに石油が1バレル100ドルに到達しました。

私の仕事はその石油を精製するプラントでまさに今、皆が欲する石油を
作るために120%稼動させられている機械を輸出する仕事です。
仕事の点から見れば売り手市場ですが、まわりまわって、個人の財布には
厳しい現実(ToT)

近年、中東・東南アジアを中心に大きく展開されていた石油ビジネスですが、
今の主役はインド、ロシア、中国です。
中国の市場拡大は数年前からもその勢いを仕事上で実感していましたが、
今はそれにも増して良かれ悪しかれいろいろなものに影響を及ぼしています。

中国はまた、石油では間に合わない部分を、自国で元々得意とする石炭を使って、
それを石油に代わるエネルギーとして使用しようと試みています。
(米国では穀物をエネルギーに代えようとするため、とうもろこしの値段が
逆にあがっていると言われています。)
ロシアはサハリンの石油・天然ガスの開発事業をはじめ原油国としての
国力をまた強めつつあります。

世界各国が”石油”という同じ流れにのって翻弄し、翻弄される中、
日本はこれからどのような位置づけになってくるのでしょうか。
個人としても”省エネ”に素通りできる状況でなくなってきていることは確かです。
[PR]
by gonta-maus | 2008-01-15 22:47 | ゴン太の時事レポ

外貨購入!

最近、一時期に比べて円高が進んでいます。(今週後半はわずかながらも
後退してきたかな・・・)夏にベルリンに行った時は1ユーロ¥168~¥170
だったのに昨日レートチェックした時はTTBレート¥159.45でした。
ドルに至っては¥110切っています。
夏はこのまま上がり続けて1ユーロ¥200になっちゃったり!なんて思いましたが
ある程度まで行くと・・そして世界情勢の移り変わりに伴いレートは
ここまで変動するものですね。
お金の価値って流動的なんだなあと感じます。

仕事柄、毎日ある一定の時間ごとに為替レートを確認するので、
プライベートに職業病が・・・^^;
来週、個人的に外貨を使うので、最近の円高の流れを見計らって、
先週から待って、待って、そして一昨日のタイミングで両替をしました。
だいぶ円高になりました。
もしかしたら来週替えたほうがもっとレートは下がるかも・・・?
でもここまで下がったらそろそろ上がり始める・・・?
その判断が仕事でもプライベートでも一番悩ましいところです。
(ゴン太の為替講座

学生の頃はこんな為替のことは全く考えず(わからず)、直前の成田空港で
替えることに一生懸命でした。
でもどんどん円の価値が下がっている昨今、たとえ一円でもこの差損
有り無しでは、数万単位で両替すると結構違ってきます。
ここで浮いたお金で旅先でのおいしいごちそうをもう一品追加オーダー
しちゃうのが私の楽しみです☆
[PR]
by gonta-maus | 2007-11-29 22:55 | ゴン太の時事レポ

Force Majeure

旅行に行っている間に新潟の地震を知りました。
ベルリンの新聞にもこのニュースが取り上げられており、その大きさを
実感しましたが、日本に帰ってきても尚その様子がトップニュースで
流れているのを見て、居た堪れない気持ちです。

この地震により私が会社に入社してから二度目の「Force Majeure」
宣言が出されました。日本語にすると「不可抗力」宣言。
これは地震や台風などの自然災害のような人間の力ではどうしようも
できない、予防しても損害を防ぎきれないこと・事態を指します。
このような天災があった時はには速やかにお客さんに連絡をし、
(=宣言を出す)納期遅延のクレーム対象から外してもらいます。
今回はメーカーが製作を委託している工場などが新潟にもあり、この地震
により作業ストップ、納期が遅れざるを得ない事態となってしまったのです。

この条項は契約書に必ず入れておきますが滅多に使うことは
ありません。したがい、この宣言が出されたということはよっぽど大きい
損害があった、ということになります。

この「Force Majeure」宣言は2004年に広島に大きな台風が
直撃した時も出状されました。この時はほぼすべての顧客に宣言を
出し、その対応に多くの時間を費やしましたが、一番大変だったのは
もちろん現場で、広島の工場は海水で水浸しになり、書類は然ることながら
機械も出荷間近の商品も全壊しました。

人を飲み込む天と地の力にどう責め、抵抗することもできず、不安と
もどかしい気持ちでいっぱいですが1日でも早い復興をお祈りしています。
[PR]
by gonta-maus | 2007-07-28 23:58 | ゴン太の時事レポ

!2007 Happy New Year!

f0038665_232262.jpg

f0038665_23393478.jpg

(武田神社に初詣 1月2日)

皆様、明けましておめでとうございます。

皆が平和に健康に安全に新たな年を迎えられる幸せをひしひしと感じます。
歳のせいか、時代のせいか・・・^^;
とにかく一日一日を大切に生活していきたいものです。

「ボクは何処へ行くんでしょう。」
「それは自分が走る方向だろう。」
「なるほど。 行く道がボクの道か。」
(カローラのCMより)

高村光太郎 「道程」のキムタク現代版というところでしょうか。 
「僕の前に道はない 僕のうしろに道はできる」と。

自分の道を作って歩いていきましょう。でも息抜きも忘れずに。
今年もよろしくお願いいたしします。m(__)m

追伸:ゴン太ブログも一周年です!(*≧∇≦)/ イエイ!
[PR]
by gonta-maus | 2007-01-03 23:44 | ゴン太の時事レポ
甲子園決勝戦の時間帯はオフィスにいたため、今「熱闘甲子園」
(朝日放送・テレビ朝日)で、ようやく試合をほんの少しだけ見ることができた。

ニュースは勝者をメインに取り上げることが多いが、この「熱闘甲子園」は
敗者(ここに”勝負上の”、という言葉をあえて付け加えておきたい)
にもスポットライトを当て、ニュースや試合観戦ではわからない裏話(それは
時に、いや必ずドラマとなる)や人の想いを一部であろうが垣間見ることができる。
私は高校の時から毎年この「熱闘甲子園」を大会中はほぼ日課のように見ている。

一日放送期間が延びた今日の「熱闘甲子園」。
優勝した早実の斉藤投手は涙を流していた。
最後のバッターとなった駒大苫・田中投手は少し笑顔を見せていた。
その姿にぐっときた。
主役はもちろん彼らだけではない。
甲子園は全員野球だ。
どの選手もよく闘った。監督も応援団も親も地元もよく闘った。
勝ち負けは必要だが、それを超えるものが甲子園にはある。

人が一生懸命頑張る姿は無条件に美しい。
この言葉がキレイごとではないことをその身を持って実感している人は
この夏も少なくなかったのではないかと思う。

♪♪

風をうち 大地を蹴りて 
悔ゆるなき 白熱の 力ぞ技ぞ
若人よ いざ 一球に 一打にかけて
青春の 賛歌をつづれ 
ああ栄冠は君に輝く
[PR]
by gonta-maus | 2006-08-22 00:15 | ゴン太の時事レポ
試合が終了し、帽子をとって一礼した後、両校の選手は互いに握手をしなかった。
第88回全国高校野球選手権大会、本日の決勝戦は球史に残る試合となった。

試合は延長15回まで1-1の同点。大会規定により引き分け再試合決定。
これは昭和44年第51回大会・松山商VS三沢の決勝戦延長18回引き分け
以来の再試合となる。

夏の甲子園3連覇を目指す南北海道・駒大苫小牧と悲願の初優勝を狙う
西東京・早稲田実業。両者互角の戦い、試合が動いたのは8回だった。
駒大苫がホームランで一点先制したものの、その裏早実が一点追いついた。

そこから一球、一打が試合を左右しかねない、にらみ合いの勝負が続いた。
勝負の行方は誰にもわからなかった。
延長13回裏、早実の攻撃。駒大苫には最大のピンチが訪れたが、エース
田中が満塁作戦でそれを乗り切った。その後14回表、駒大苫に今度はチャンス
が訪れたが、早実エース斉藤は追加点を許さなかった。
両校、ピンチとチャンスを繰り返し、試合はあっという間に15回に入った。

”甲子園には魔物が住んでいる”とはよく言うが、とにかく甲子園という舞台、
特に高校野球には最後まで何が起こるかわからない特別な何かがある気が
してならない。
甲子園の風、甲子園の空気、甲子園の土・・・

私は自分が高校生の頃、母校に夏の甲子園に二度連れて行ってもらったことが
ある。選手も応援団もみんな必死だった。炎天下の中、あの甲子園のスタンドに
立っていた時の気持ちは今でも忘れられない。

早実の応援団の歌は母校の応援歌とほぼ同じだから、特に早実の攻撃の時は
自分もまるで甲子園にいるような気分になった。(おそらく母校が早実の応援歌を
参考にしているのだと思います。)
♪ソ-レソレソレ カッセー ○○!
♪ゴー ゴー ○○ かっとばせー ○○!
色つきひまわりハットをかぶって、黄色いでっかいメガホン持って、踊って歌って
必死で声を出した高校の夏。

試合は延長15回表。早実の斉藤投手は、疲れを見せるどころか、その回でさえも
147キロの豪速球を投げた。
スタミナ・スピード・コントロール、高校生とは思えない力を見せた。
高校野球では投手が連日連投になることが大きな課題となる。
プロでも連投はキツイと言われているし、肩のために連投は避けられている。
高校野球の場合は、準決勝・決勝と試合日程が上になればなるほど詰まって
くるので選手が肩を休められる時間はだんだん短くなってくる。
交代できる投手を準備できていればそれで良いのだが、だいたい1校に豪腕
エースは一人だ。
斉藤投手は駒大苫の四番・キャプテン本間選手に最後フォークボールで勝負。
固唾を飲んで見守る一球。
ストライク!!
大声援が甲子園を包んだ。

その裏15回。最後の早実の攻撃。さよならゲームのチャンス。
応援団の「紺碧の空」がいっそう大合唱となる。早実応援団には特別な時にしか
歌えない、つまり優勝の時にしか歌えない「早稲田の栄光」が準備されていた。
しかし最後、早実が高く上げたボールは駒大苫のグローブにしっかりおさまり、
試合は引き分けを告げた。

甲子園の観客は選手たちに労いの拍手を送った。

決勝戦・再試合は明日21日一時から試合開始。
駒大苫・田中投手が投げれば3連投目、早実も斉藤選手が投げれば4連投目
となる。明日、両校の選手が互いに握手を交わすとき、深紅の優勝旗は
どちらの高校に渡っているのだろうか。
[PR]
by gonta-maus | 2006-08-20 20:59 | ゴン太の時事レポ

花火大会・前説のみ!

梅雨明けが八月上旬なんて話も出てきている昨今の空模様の下、
日曜日(23日)に調布の花火大会に行ってきました。
人ごみに押され、写真もブレてますが^^; 
f0038665_22141819.jpg

あやしい曇り止まりな空とは正反対にカラフルな屋根を連ねる屋台の数々。

場所を確保して前を向くと目の前に鉄橋が見えます。
本会場・有料観覧席がある鉄橋の向こうに花火が打ちあがる予定。
f0038665_22352561.jpg

後ろを振り向くとじゃ~~ん。多摩川河川敷に人の波。
f0038665_2226739.jpg


途中ぽつぽつ雨が降り始め、傘差しながらかき氷を食べたりしましたが、
ふいにどかんと上がった花火。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

と、ここからが本番ですが、花火の映像は心の中に。
(なんて、ほんとはデジカメではうまく撮れなかっただけだったりして)((^┰^))ゞ

ちなみに。調布花火大会見物における特等席・穴場スポットは京王線社内です。
f0038665_22381019.jpg

目の前の鉄橋には10分おきぐらいに京王線が走ります。そしてそこで電車の
速度が落ちるのです。乗車している人だけの数秒の特権。
京王電鉄の方の心意気ですかね。d(゚-^*)
電車が目の前をゆっくりと通過する度に、その粋な計らいに(というか運転手さんも
見たかったのかな)まわりでどよめきと笑いが起こりました。
こちらで見ている私たちにとって景観が邪魔される?いえいえ、真っ暗な夜空の
中、ガラ空きで煌々と電気をつけた京王線とその後ろに花火、というのも意外と
情緒があるものですよ。

でも最後のしかけ花火、ナイアガラの滝はまるで鉄橋から火が出ている
ようでした。これはちょっとウケました・・・

なんだかやっぱり花火の映像がないのが寂しいですが、こんな時はとりあえず・・・
た~~まや~~~~~(゚ノ◇゚)ノ
[PR]
by gonta-maus | 2006-07-25 23:02 | ゴン太の時事レポ

蛍の光 ~Go!Next ~

ワールドカップ、あっという間に終わってしまいましたね。
うまく言えないけど、何から言っていいかわからないけど、地球最大の祭典、
楽しませてもらいました。
実はドイツのクリンスマン監督が好きでした・・・(なぜか今更の告白)(〃∇〃)
ゴールを決めれば、わきめもふらずはしゃぐはしゃぐ、全力で喜ぶ!
監督だけでなく選手もサポーターもみんなみんな一生懸命でした。

サッカーを楽しめる平和にいることを幸せに思いました。
[PR]
by gonta-maus | 2006-07-11 00:31 | ゴン太の時事レポ
このブログもSAMURAI BLUE(チック)にしてみました。(お祭り人間)笑
ガンバレ日本!O(≧∇≦)O
[PR]
by gonta-maus | 2006-06-11 22:19 | ゴン太の時事レポ