相方mausくん↑と綴るゴン太の日記。


by gonta-maus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いつかの私へ・・・

昨年のちょうど今頃、総額9億の機械を輸出し、売り上げ額として計上しました。
その時は今まで経験したことのない輸出手続きと金額に、もうこれ以上のことは
ないだろうと思ったことを覚えています。

あれから一年。昨年のことがとても小さく見える今日この頃です。
今年はこの時期ちょうど複数のお客さん向けの船積みが重なってしまうこともあり、
船積み総額は100億円。
また、昨年のようにひとつのお客さんに対して、船積みを重ねるということが
できれば多少金額は張ってもまだ良いのですが、今回お客さんは4社4カ国。
たまたま契約納期が重なっているだけであり、全て個別の契約形態を持って
います。私はそれぞれのお客さんのそれぞれの契約に則して仕事を進めるよう、
何十ページにも及ぶ契約書の全てを頭にいれなければなりません。
契約条件だけでなく、メーカー担当者も船会社も通関方法・通関スケジュールも
書類の記載の仕方も、貨物の内容も、要求されている書類もそれぞれの
お客さんごとに全部把握しておく必要があります。
もちろん全てが現在進行形、しかもよりによってどの案件もメーカーの製作完了
が遅れており非常に緊迫感ある中での作業なので、ちょっとでも気を抜くと
どの案件がどういう状況なのか混乱してきます。
そしてこれに加え、今回は輸出方法として、日本から出荷するもの以外に、
ロッテルダムからオーストラリアに直送、イタリア/アメリカからサウジに直送など
もあり、それを日本でコントロールするいわゆる3国間貿易(仲介輸出)も
踏まなければいけません。もちろんこれも4契約ごとに方法や手段は変わります。

この大型案件以外にも小額案件、また規模は中ぐらいでも新規契約の条件交渉
なども抱え、次から次にかかっていくる電話を処理し、数分ごとに入ってくる
メールを片付け、上司への報告に、新人さんの指導・・・まるで戦場です。

そんなわけで今自分の仕事史上最大の山場を迎えていますが、ここを
乗り越えたら少し自分に自信がつきそうで、ここまできたら何とか全部やって
やろう!という心境です。
とはいえこの厳しい状況下、前向きに頑張ろう!などと簡単に背負い込むことも
なかなかできないのも正直な気持ちですが、今ここに書いてあることをいつか
また「ああちっぽけだったなあ」と思えたらいいなと思い、ブログに残します。
止まない雨はないね・・・いつかの私、これ見て笑ってちょーだい!
[PR]
by gonta-maus | 2007-01-26 23:52 | ゴン太のOL日記