相方mausくん↑と綴るゴン太の日記。


by gonta-maus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ドーハの悲劇?!

あと5分で定時だ、と思った時にその電話はかかってきた。
+974から始まるナンバーディスプレイを見て瞬時に頭が回転した。
カタールだ!どのお客さんか・・あの客には返事はした・・・あの客の案件は
まだ確認中・・・何かペンディングあったっけ・・・今日メール入ってたかしら・・・
3コール目にはっとその相手に目星がついたのと同時に受話器を上げた。

待ちわびたとばかりに第一声。
HELL~~~~~~~~~O!!!( →_→)

目星をつけた会社と案件は合っていたが、人が違った。声が違った。
おばさんの声だった。
カタールから、中東から、女性の声で電話がかかってくることはほとんどない。
男性だと思って出たから、女性の声っぽい男性かと思ったぐらいだ。
でも女性だった。
その時、唯一女性で思い当たる人が頭をよぎった。
前日、男性担当者が話してくれたあのおばさん・・・

会社名だけ言って名乗らないから「Are you ○○ san?」と聞いたら
「Yes, I'm ○○ san!!!」(”さん”付け!・笑) やっぱし!!

そしてべらべらべら~~~~とインドなまりの英語で用件だけをひたすら話す・・・
私が割って現状を報告しようものなら更にそれにかぶせるように自分の言いたい
ことを話してくる・・・でも最後、用件を話切ったその女性は、納得したように「OK!」。
少しほっとする私の受話器の耳元でものすごい咳払いをして、バア~~イ!
と言い残して電話を切った。

唖然。ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

・・・おばちゃんパワーは世界共通かもしれない・・・
[PR]
by gonta-maus | 2006-07-13 22:53 | ゴン太のOL日記