相方mausくん↑と綴るゴン太の日記。


by gonta-maus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ワールドカップに寄せて ~セネガルの希望~

スポーツニュースの枕詞が”ワールドカップまであと100日を切った”になる今日
この頃。山瀬まみさんの「お父さんのためのワイドショ~~講座」♪(TBS「ブロード
キャスト」)でも、ワールドカップまであと97日という話題がいよいよトップ10に
あがってきた。政治、芸能、奥様のための耳寄り情報を提供するワイドショーも
そろそろサッカーの話題に時間を割き始めているようだ。この話題は6月に向け、
着々と確実に順位を上げていくだろう。普段あまりサッカーを見ないド素人の私
でも興味をそそられる、サッカーの祭典。

この祭典、世界的に盛り上がるため、客先が海外である私たちの仕事に少なからず
影響を及ぼす。そして前回の日韓共同で開催されたワールドカップは私のモチベー
ションを上げてくれた印象深い思い出がある。

前回2002年は私が入社した年だった。入社してまもなく新人社員の工場見学に
行った時、工場の人からこんな話を聞いた。

「先日、セネガルのお客さんから電話がかかってきて、納期に間に合わせる
ようにとの念押しとものすごい督促を受けたんだ。”間に合わなかったから困る”
と普段にはない勢いでね。そしてこう言われたよ。”万が一期日までにモノを
納められないなら代わりに日本行きの飛行機チケットを送って下さい”ってね。」

詳細な理由は覚えていないが、(というか理由を言われても当時は仕事の経験が
浅くてわからなかったのだと思う)部品なり機械なり、セネガルの発電プラントに
必要なモノがワールドカップが始まる前に届いていなかったらしい。もしくはトリップ
などのトラブルで発電プラントがフル活動できておらず、そのトラブル対策に
必要なモノが未だその時点で納められていなかったことも考えられる。

とにかく何らかの理由で発電プラントがフルに機能していない状況があったらしい。
そうすると電気が作られない。予備はあったとは思うが最悪の最悪は国に電気が
通らないということもあり得る。電気が通らないとテレビが見られなくなる。
(ただでさえテレビは広く普及されてないのに。。。)
もうすぐ自分たちの国が記念すべき初出場でワールドカップを迎えるというのに!
どうやって応援すればいいんだ!!と。
そんなわけで「テレビで試合観戦できないなら、自分たちが日本の試合会場に
行って応援する」・・・そのつもりのチケット要求である。

どこまで本気でセネガルの担当者が言ってきたのかわからない。ただジョーク
だとしても、私はこの話を聞いた時、ワールドカップという話題が、まだ自分が足を
踏み入れたこともないアフリカの地にも広がっていることを実感した。
”世界”というものを改めて近くに感じた。そして自分がこれから仕事をして、
輸出するものをこんな風に待ってる人が海を隔てた向こうにもいるのだと。

その後ワールドカップが終わって、仕事を覚え始めた私は、この工場の人の話を
自分でも実際に、何度も体験することになる。
私が配属されたのは化学プラント向けに輸出をするチームだったので、
発電とは領域が少し違うが、”トラブルが起こった、早く部品を出してほしい”
”もっと稼動パワーをあげたいから発注した機械を定期点検に必ず間に合わせて
ほしい”という世界中からの要望。客は必死で督促を続け、そして待っている。
プラントが止まると一日何十億もの損害、ワールドカップを見る見ないではない、
サイトの人間にとっては死活問題である。

商社は自分たちで”作る”ことをしていないからモノのことをメーカーよりも
わかってはいない。でも客の反応から一番近いところにいる。
客の声を聞いて、メーカーとベストを尽くす。客が必死だと私も必死になる。
そしてベストを尽くした分だけ、喜んでもらえる。
自分の仕事のやりがいとか、必要性みたいなものというとあまりに綺麗すぎる
けど、頑張ろうと思えるパワーはこういうところからもらえることは否めない。
私にとってその最初がこのワールドカップの話だった。

さて。話は戻ってセネガルその後。無事に電気が通って国民が皆で見守ったから
か、初出場ながら世界チャンピオンフランスを負かし、結果的に準々決勝まで進ん
だ。私にとって印象深い国のひとつである。

今年は残念ながらセネガルは出場できないが、アフリカチームからは5カ国中
4カ国が初出場。さて今年はどこがドイツ行きのフライトチケットを要求してくる
だろうか。いや、そんなことがないようモノを納めることが私たち、仕事に関わる
全ての人の務めである。

そしてこういうことを考えた時に、自分がワールドカップに盛り上がれる幸せを
享受できる環境にいることを有難いと思わずにはいられない。
[PR]
by gonta-maus | 2006-03-05 02:02 | ゴン太のOL日記